忍者ブログ
花粉症対策グッズの情報や外出時の花粉症対策など掃除 、花粉防止の眼鏡、ハーブ、アロマセラピー 評判のお茶、乳酸菌、身近な食品など花粉症対策万全


×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



花粉症による目の不快な症状に悩まされる人は多いでしょう。
その対策には、花粉を目の粘膜に付着させないことが必要です。

それにはメガネの着用が有効です。花粉飛散時期の外出には必ずメガネを着用し、
さらに帰宅したら必ず、洗眼・目薬をします。そうすることで、目のかゆみや炎
症を予防することができます。

最近、「花粉対策ゴーグル」が開発され注目を集めています。
それはスキーのゴーグルのように、レンズのサイドにカバーがついたもので、目
とメガネの隙間から花粉が入るのを完全に防いでくれるようになっています。
また、メガネの上からかけられるタイプやサイドに取り付けるカバー、またおし
ゃれなものなど色々な種類がニーズに応じて作られています。
コンタクトを常用している人は、花粉症の季節だけ、使い捨てのタイプを用いる
など、常に清潔な状態を保つようにしましょう。それでも症状が改善されない
場合には花粉の飛散時期だけでもメガネと併用することが望まれます。

普通のメガネを着用すると、目に入る花粉の量を約3分の1に減らすことができ
めす。花粉対策用の眼鏡ではさらに約4分の1にまで減らすことができると言わ
れます。
メガネをしていても、ちょっとした隙に花粉が目に入り込むことがあります。
そんな時は、洗眼して花粉をしっかり洗い流します。
花粉専用の洗眼液も市販されていて、目のかゆみや炎症を抑えるてくれます。

しかし、洗眼液や付属の洗眼カップは、扱い方次第で不潔になりやく眼病の原因
になることも少なくありません。十分注意して清潔に取り扱うことが大切です。

洗眼液がない時でも、水道のきれいな水で洗い流すことで花粉を十分落とすこと
ができます。

メガネの着用と洗眼は、花粉症対策として習慣的に行いたいものです。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
» 近眼治療のレーシックは安全性と視力回復
近眼になると視力が大切といわれる職業に就けなかったり、資格がもてない場合があります。パイロットや消防士、船舶免許などが近眼によって必要な視力に満たない場合は資格がとれなくなります。サッカーやバレーボール、バスケットボールなどメガネの着用が禁止されているスポーツも、近眼の場合は視力や動体視力が低下し、大きなハンディキャップになります。 ですが現代では近視や近眼でもスポーツや職業を諦めずにすむ近眼の治療法があります。近眼の治療法には様々な方法がありますが、視力矯正法のひとつとして...
URL 2008/04/24(Thu)10:16
» 老眼鏡の必要性
近視の視力回復のための治療や、矯正には、めがねやコンタクトレンズのほか、手術などの可能性もありますが、老眼の場合は、老眼鏡を使うほかありません。老眼は、眼のなかでレンズの働きをしている水晶体の弾力性が加齢と共に弱まったために起こる症状です。治療によってこの弾力性を強めることはできません。本を読むときに本を目から離さないとよく見えないなど、老眼の症状が始まったら、結局のところ、不自由であれば老眼鏡を作り、必要に応じてかけるしかなさそうです。 老眼鏡は近くを見るための専用のめがね...
URL 2008/05/03(Sat)01:05
最新トラックバック

Copyright © [ 花粉症対策グッズと食べ物 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]